Works
施工実績

富士市K様邸
等身大プラスαの家

等身大プラスαの家
等身大プラスαの家

コンセプト

「職場に近くて馴染みがある清水で家を建てようと思っていたんです。他の住宅屋さん?回ってないですね(笑)。」 友人が外構業者で出入りしていたという縁で「いい営業の方がいると紹介され、東海ハウス完全一択。追分の展示場も等身大仕様で、はじめから親近感が沸きました」と話すKさんご夫妻。その選択にも完成した家にも大満足だという。 住宅展示場に行くと、性能面やオプション仕様をフルスペックで見せるモデルハウスが並び、そこで身に余る夢を描くこととなる。いざ家を!と計画を進めると、標準仕様では物足りず、予算をはるかにオーバーした加算住宅か、泣く泣くいろいろなものを諦める減算住宅になったという例はよく耳にする。 しかし東海ハウスは、ゼロエネや高気密高断熱は標準仕様で、さらに畳やタンクレストイレ、ムーブダウン収納
やニッチの造作も選択が可能で、加算するものがないくらいの、等身大プラスアルファの家を実現してくれる。 オプションを進める加算型の家づくりは、かえって過剰スペックの肥満な家を生みかねないが、あまりに減産型では夢も味気も無いというもの。「何を減らされてるのかわ
からないくらいでした。暮らし方や使い方から逆算した提案をしてくれたので、これがあったらなぁという後悔も一切ありませんでした」と自身の家づくりを振り返った。 希望の立地では予算オーバーだったため、土地を一から探すことになったそうだが、分譲地が計画中の段階から「清水に通える距離、津波の来ない環境」を満たす物件を営業が見つけ出し、家づくりはスタート。ハタさんがすぐ近くに住む立地で家を構えることになった。 「営業のハタさんツルミさんの名コンビのおかげで、家が完成した後も、本当こうしておけばよかったという事はまったくありませんでしたね。現場のキムキム(木村さん)は同い年ということもあり、こちらの趣味や意図を汲んで、素敵な提案をたくさんしてくれました。家づくりの途中でも、小上がりの前に階段をつけるという仕様変更に柔軟に対応をしてくれて…住んで1年半経ちますが、本当に満足しています。」 難しいことは一切無かったというKさん夫婦。
「ここで何をするの?」という発想で細かな仕様を決めてゆき、暮らし方や使い方から家を作る東海ハウス。ふたりの描く等身大のイメージがつぎつぎと形になっていった。 小物から中のイメージを決めたという1階のトイレと、お互いの趣味のためのスペース。それぞれの部屋は壁紙が違えてあるにも関わらず、不思議と統一感がある。絶対に欲しかったという広い2階のベランダやピンクのシンク、淡いグリーンの玄関扉に薄いブルーの水回りのドア、趣味のものを飾るニッチやご主人希望の本棚にウォークインクローゼット。そして「これだけは唯一オプション」という2階のトイレの壁紙。お互いの希望を散りばめたインテリアを「ツルミさんだからまとめてくれた」と、設計に対しても満足の様子。取材中に腰掛けた小上がりの畳部屋は、ソファと同じ高さに設けられ外からも直接アプローチが可能。友人の子ども達にも大人気だ。ドアで区切ればそこは子どもだけの秘密基地にもなるが、大人が腰掛けるのにちょうどよいスキップフロアでもある。 取材中の二人のにこやかな表情と営業さんとの漫才のような掛け合いが、施主と施工者の信頼関係を物語っていた。 大好きなミニ四駆と食玩が並ぶ趣味の家で、ふたりは今日も笑顔で暮らしている。

ギャラリー

  • 等身大プラスαの家
  • 等身大プラスαの家
  • 等身大プラスαの家
  • 等身大プラスαの家
  • 等身大プラスαの家
  • 等身大プラスαの家

お気軽にご相談ください。

お電話で問合わせ
Webから問合わせ